英語初心者が英語を上達させるための3つの習慣

この記事を書いた人 Tomoya Anzai

study english

こんちには、CrossTalk 英会話カフェ&バーのトモヤです。 26歳ごろから英語の勉強をスタートしました。それから 4 年後にもっとネイティヴの英語力に近づきたいという思いで、オーストラリアに渡り 1 年ほど働きながら暮らしていました。僕は幸運なことに海外で働きながら英語の勉強ができましたが、英語上達に必要なことは日本で働きながらもできると思っています。 そんな僕が、英語を上達させるためにいつも意識している3つの習慣をご紹介します。

スマートフォンやパソコンの設定を英語にする

英語を目にして、つねに英語を意識することは一番大切なことですね。 海外で暮らすことは多くの人にとってハードルが高いですが、それならせめて自分の日常生活の中に英語を取り込むことからはじめてみませんか。

皆さんにとって、いつも目にするものと言えばパソコンやスマートフォンだと思いますが、それを思いっきて英語の設定に変えてみてください。最初のうちは操作方法に戸惑うこともあるかと思いますが数週間すれば慣れてきます。もしどうしても分からないことがあれば、すぐに日本語に戻せるので試して損することはないですよ!

英語の文法を間違えることを恥ずかしがらない

英語は僕の第2言語で、長いこと勉強していますが未だによく文法や発音などよく間違えているとネイティブの方に指摘されます。知らなかったことに対して悔しい思いもあったり恥ずかしいと思うこともありますが、大抵そういう間違いをしたときに話していた事柄や英単語って、頭にずっと残っていたりして何年も前の出来事も、英単語だけは覚えています。

多くのネイティブスピーカーも英語で間違えることを恥ずかしがる必要はないと言っていますし、私たち日本人も外国の人が日本語の発音や使い方を間違えてもそれを笑うことはないですよね?

簡単に達成できる、小さな目標をたてる

僕が英語を始めた最初の理由は、映画のスターウォーズを字幕なしで見たいと思ったことがキッカケでした。 でも今考えると映画を字幕なしで見るのは、かなり難易度の高い目標だったと思います。

僕が英語を勉強し始めた頃の勉強方法を思い返してみると、もっと簡単で小さな目標を繰り返しクリアしていったことが、とても効果的でした。例えば…

  • 単語を1ヶ月で 15 個覚えてみる
  • 海外のドラマやトークショーの同じエピソードを繰り返し観てみる
  •  外国人観光客に話しかけてみる

英語の字幕なしで見たいというのは多くの人が1つの目標にされているますが、実際には字幕なしで映画が見れるようになるには数年はかかります。 なので今はもっと簡単な目標を1つ1つクリアしてみてください。

まとめ

英語をマスターするのには、どうしても長い年月がかかります。そして英語に対するモチベーションが低い時期もあるかと思いますが、少しずつでも継続することが大切です。そして皆さんには英語を完璧に話すということよりも、あなた自身が今までに体験してきた事やユーモアなど、自身のストーリーを間違えてもいいので、英語で表現することを大切にしてください。